カラーシミュレーションを使ってイメージ|フェンスや外壁の色選び

微笑んでいる女性

使用する素材

男性作業員

フェンスがある事によって境界線が明確

フェンスがある事によって土地の境界線がはっきりするため便利で、フェンスの近くに生垣などを作っても見た目が良くなり綺麗です。フェンスを作る場合には使用する素材によって雰囲気や耐久性が変わってくるため、素材の種類を知っておく事が大切です。特にフェンスは外に取り付けれられる製品であるため、雨に濡れても錆びが発生しない素材を使用する事が重要です。フェンスで人気の高い素材がアルミ製の製品で、軽いため基礎が弱い場所でも容易に取り付ける事が可能です。またアルミは錆びの発生が少なく耐久性も高いため、多くの場所で使用されており評判も良いです。アルミ製のフェンスは価格が安いため取り付ける面積が広い場合でも、安心して取り付ける事ができます。

素材によって特徴が異なる

樹脂製のフェンスは夏でも熱くなる事がないため子供が触っても安心で、金属ではないため錆びが発生する事もないです。そのためメンテナンス性に優れており色も木材に近い色の製品が多いため、優しい雰囲気を作る事が可能です。スチール製のフェンスは錆びが発生する事が多いですが、強度が高く揺れる事がないためフェンスとしての役割は十分に果たしてくれます。取り付け費用も安いためスチール製の製品は多く出回っており、人気の高い製品です。木製の製品も多く木製の素材を使用する事で加工がしやすいため、複雑な形状に取り付ける場合に便利です。メンテナンスも楽で塗装を繰り返す事で長期に渡って使用する事が可能です。その他にも鉄で出来たフェンスもあり錆びは発生しますが、独特の質感があるため個性的です。